ローコストで高品質素材を使ったハーフビルドは「ハーフビルドサービス」で!

岐阜県内で建築費用が比較的ローコストに抑えられることで人気のハーフビルドを提案する「ハーフビルドサービス」は、施主様の提示されるご予算や目安となる工事期間、個々の事情、ニーズに合わせて柔軟に対応致します。
もちろん、施主様ご自身で行われる施工範囲も自由に決めて頂くことも可能となっておりますので、まずはお気軽に岐阜の「ハーフビルドサービス」までお問い合わせ下さいませ。

2022年11月26日

吹き抜けと薪ストーブがある家④

今までの施工の様子は、ハーフビルドサービスホームページ『施工事例』でチェック!!

 

2階の床の梁が無くなり、待望の吹き抜けが一階から見えるようになりました。

IMG_9874_R

 

吹き抜けの最大のメリットは開放感が生まれることです。

視界を遮るものがないため、天井がある部屋と比較して開放的で広々とした空間を楽しむことができます。

特にリビングに吹き抜けがある場合は窮屈に感じることなく、のびのびと過ごすことが可能です。

 

天井が高いので、天井が出来たら冷暖房効率を良くするため「シーリングファン」を取り付けるそうです。

 

ファンが回転することで室内の空気が撹拌され、室温のむらをなくすことができます。

 

冷暖房効率を上げると電気代の節約にもなりますよ(*^-^*)

 

インスタグラムも更新しています(*^^*)

ぜひ、遊びにきてください♪

いいね!やタグ付けよろしくお願いします☺

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ハーフビルドサービス
http://www.hb-homes.jp/
住所:岐阜県岐阜市高田5-19-1
TEL:058-215-6080
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年11月12日

吹き抜けと薪ストーブがある家③

リノベーション工事が進んでいます。

二階の天井下地が出来ました。

IMG_9828_R

施主様のこだわりの勾配天井。

この後ここは板張りの天井になり、シーリングファンがつきますよ。

 

別角度から見てみましょう。

IMG_9829_R

上の方にみえる行燈のような白い四角いものは「煙突囲い」です。

ここを薪ストーブの煙突が通ります。

 

天井板がない今しか見れない場所ですね(*^-^*)

 

 

 

インスタグラムも更新しています(*^^*)

ぜひ、遊びにきてください♪

いいね!やタグ付けよろしくお願いします☺

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ハーフビルドサービス
http://www.hb-homes.jp/
住所:岐阜県岐阜市高田5-19-1
TEL:058-215-6080
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年11月16日

円安の今だからこそ

毎日経済ニュースで聞く急速な「円安」。

この円安が家づくりには欠かせない材木の価格に更なる追い打ちをかけています(-_-;)

 

新型コロナの影響でテレワークが普及し、アメリカや中国では住宅の需要が急速に拡大。

木材が取り合いの状態となったため、木材の価格が高騰するいわゆる「ウッドショック」が起きました。

(この時点でコロナ前と比べて約二~三割上昇)

 

そして急速に円安が進んだことで、輸入木材の価格がますます上がってしまいました。

(ウッドショックの価格から約三割上昇)

 

単純計算で、100万で考えてみると・・・

 

コロナ前(100万円)→ウッドショック(130万円)→円安(169万円)

 

とんでもない数字ですよね(-_-;)

(0を一つ増やしてみるとさらにどえらい数字に)

 

実際戸建て住宅がウッドショックの時点で平均300万から400万円ほど値上がりしているといいますから

円安でさらに・・・

 

そんな今だからこそハーフビルド。

材料費の上昇は抑えられないけど、人件費は抑えられます。

 

ぜひ自分の手で家を作ってみてください。

 

丁寧なレクチャー付きなので、未経験の方でも安心です!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ハーフビルドサービス
http://www.hb-homes.jp/
住所:岐阜県岐阜市高田5-19-1
TEL:058-215-6080
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年11月02日

今年の結露は・・・

11月になりました。

今年も残すところあと60日です。

 

本格的な寒さになる前に・・・と、先日スタッフは自宅の窓ふき(外側)を行いました。

(大晦日には絶対にやりたくない事の一つ)

 

今はまだですが、来月にもなれば窓ガラスにびっちり「アレ」が・・・。

 

そう!

にっくき「結露」!

 

例年ですと窓ガラス用のプチプチを貼りますが、今年はまだ。

 

何故ならG.WにDIYに挑戦し、我が家のリビングの壁に珪藻土を塗ったから!

 

珪藻土には、湿度の調整機能があります。

その表面には目には見えない程の小さい穴が無数に空いており、この穴の中に空気中の水分を吸着させることが可能。

 

なので冬になると窓の下に水たまりができる例年とどのくらい違うのか、比較できるのが楽しみです。

 

IMG_8028_R

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ハーフビルドサービス
http://www.hb-homes.jp/
住所:岐阜県岐阜市高田5-19-1
TEL:058-215-6080
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年10月26日

吹き抜けと薪ストーブがある家②

解体工事が終わり、リノベーションが始まりました。

 

IMG_9530_R

 

キッチンを正面からみたとこです。

分厚い断熱材を敷いて、その上に「下張り」と呼ばれる板を張っています。

 

断熱材と聞くと「地面からの寒さ対策」というイメージがありますが

実は種類が色々あり、その素材によって特徴が大きく異なります。(もちろんお値段も…)

 

防音効果があるもの、防虫効果があるもの、結露を防ぎやすいもの、などなど。

 

その断熱材が「何からできているか」で特徴は大きく変わります。

 

リノベーションをお考えの皆さん!

断熱材の世界も奥が深いですよ~(*^-^*)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社ハーフビルドサービス

http://www.hb-homes.jp/

住所:岐阜県岐阜市高田5-19-1

TEL:058-215-6080

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

24時間いつでもお気軽におといわせ下さい0120106578メールでのお問い合わせはこちらから

nav01.jpg

sideguide_off.jpg

bnn_01_off.jpg

bnn_02_off.jpg

bnn_03_off.jpg

初めて聞くけど「ハーフビルド」って何のこと・・?

bnn_off.jpg